キャバレー

キャバレー(Cabaret)は、1929年のベルリンの町。場末のキャバレーでは、卑猥な言葉で客を盛り上げるMC。そして、キャバレーの歌姫・サリー・ボウルズ。アメリカ人作家のクリフはベルリンで、下宿していたが、ひょんなことからキャバレーで知り合ったサリーが押しかけてきて、同居生活を始める。 ベルリンの町にはナチの姿が目立つようになり、その影響は、街中にもキャバレーにも色濃く見え始める。下宿屋の主人シュナイダーは、ユダヤ人の果物屋・シュルツと婚約をするが、ナチの影響を考え、自らの生活を守るために婚約破棄。 一方、妊娠が発覚したサリーは、一緒にアメリカへ戻ろうと誘うクリフを残し、ベルリンに留まることを決意する。次第にベルリンの街がナチズム一色に染まりいく中、キャバレーの中ではMCによる卑猥な司会と、サリーの踊りが続いていた。

キャバレーの詳細

作曲:ジョン・カンダー 作詞:フレッド・エブ 脚本:ジョー・マスタオフ 初演(リバイバル):1998年

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイキャバレーブロードウェイミュージカル『キャバレー』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia