フォッシー

フォッシー(Fosse)は、ブロードウェイの歴史に燦然と輝く振付師ボブ・フォッシー。数多くの著名な振付師がいる中でも、自身の名前がミュージカルのモティーフとなり、またタイトルになったのは、たった二人だけである。ジェローム・ロビンスとボブ・フォッシーである。ロビンスは、自身が存命中の1989年に自らの演出・振付により、ジェローム・ロビンス・ブロードウェイをつくりあげた。 一方、フォッシーは彼自身の死後10年以上を経てからの制作であり、ロビンスに比べ、セットなどの造詣よりも、フォッシーの造形した独特のダンス、ダンス哲学そのものに焦点をあてた作品になっている。フォッシーは、彼の作品の中から傑作ダンスナンバーを選び、再構成して、一連のショーに仕立て上げたものである。しかし、ショーとしてのシーン・場面を再現することよりも、ダンスそのものを紹介する形で、偉大なる振付師・ボブ・フォッシーへの賛歌となっている。

フォッシーの詳細

作詞・作曲:様々なアーティスト 振付:アン・ラインキング、チェット・ウォーカー 初演:1999年

フォッシーの映像

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイフォッシーブロードウェイミュージカル『フォッシー』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia