マイ・フェア・レディ

マイ・フェア・レディ(My Fair Lady)は、1912年のロンドン。花売娘のイライザは、ひどい下町なまりの英語を話す。イライザの下町なまりのひどさを見かねた、言語学者ヒギンズは半年で彼女を社交界にデビューさせるほどの立派なレディに育てて見せると豪語する。イライザは、ヒギンズ邸に泊り込み、朝から晩まで連日の特訓を受ける。言葉の発生、歩き方、マナーなどレディとして見につけるべきこと全てについての猛特訓だ。 厳しい特訓に音を上げながらも、見事に社交界へのデビューを果たしたイライザだったが、自分がヒギンズにとって、単なる実験道具でしかなかったことを悟り、失意のまま、ヒギンズ邸を後にする。

マイ・フェア・レディの詳細

作曲:フレデリック・ロウ 作詞:アラン・J・ラーナー 初演:1956年

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイマイ・フェア・レディブロードウェイミュージカル『マイ・フェア・レディ』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia