サタデー・ナイト・フィーバー

サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever)は、ニューヨークの下町ブルックリン。ペンキ屋で働くトニー。つまらない仕事と愚痴と喧嘩の耐えない家族との生活。しかし、土曜日の夜のトニーは違う。彼は、ディスコ「2001オデッセイ」のダンスキングだからだ。3週間後に迫ったダンスコンテストのパートナー選びに余念がないトニーは、ステファニーに出会い、彼女とコンビを組むことに成功する。 コンテスト当日、トニー・ステファニー組は見事に優勝するが、自分たちよりも見事なダンスを披露したアフリカ系コンビやプエルトリカンが勝たなかったことに、地元優先のアンフェアを感じるトニーは、自暴自棄になっていく。そんな折、ナローズはしから仲間のボビーが落下して死亡したという知らせが届いた。

サタデー・ナイト・フィーバーの詳細

作詞・作曲:ビージーズ 演出:アーレン・フィリプス 初演:1999年

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイサタデー・ナイト・フィーバーブロードウェイミュージカル『サタデー・ナイト・フィーバー』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia