ブック・オブ・モルモン

ブック・オブ・モルモン(The book of Mormon)は、二人のモルモン教の宣教師の物語。エルダー・プライスは熱心な宣教師であり、非常に優秀で、憧れのオーランド行きを夢見ていた。。しかし、パートナーとして組まされたのはエルダーー・カニンガム。彼は、いわゆるオタクで一番の劣等生。さらに派遣先は暴政・飢餓・エイズで宗教どころじゃないウガンダの外れの村。エイズなどに悩まされる村では、先輩の宣教師たちも全く改宗に成功しておらず、前途多難な様相を呈してきた。

ブック・オブ・モルモンの詳細

作詞・作曲・脚本:トレー・パーカー、ロバート・ロペス、マット・ストーン 初演:2011年

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイブック・オブ・モルモンブロードウェイミュージカル『ブック・オブ・モルモン』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia