オペラ座の怪人

オペラ座の怪人(The Phantom Of The Opera)は、19世紀、パリのオペラ座。コーラスガールのクリスティーヌは、「音楽の天使」と呼ぶ歌の先生がいた。彼は、オペラ座の地下に住む、仮面をかぶり素顔を隠す、オペラ座の怪人であった。クリスティーヌを愛する怪人は、クリスティーヌを主役にするよう、様々な仕掛けを行う。一方、クリスティーヌと幼馴染のラウル子爵は、クリスティーヌとの間に愛情を芽生えさせる。ラウルと劇場スタッフは、怪人と対決すべく立ち向かおうとするが、一足早く、怪人はクリスティーヌを誘拐していた。

オペラ座の怪人の詳細

作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー 作詞:チャールズ・ハート、リチャード・スティルゴー 演出:ハロルド・プリンス 初演:1986年

オペラ座の怪人の映像

オペラ座の怪人の使用曲

ディスク:1 1. Prologue(プロローグ) 2. Overture(オーヴァチュア) 3. Think Of Me(スィンク・オブ・ミー) 4. Angel Of Music(エンジェル・オブ・ミュージック) 5. Little Lotte / The Mirror (Angel Of Music)(リトル・ロッテ/ザ・ミラー(エンジェル・オブ・ミュージック)) 6. The Phantom Of The Opera(オペラ座の怪人) 7. The Music Of The Night(ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト) 8. I Remember / Stranger Than You Dreamt It(怪人の隠れ家) 9. Magical Lasso(舞台裏) 10. Notes / Prima Donna(プリマ・ドンナ) 11. Poor Fool, He Makes Me Laugh(イル・ムート) 12. Why Have You Brought Me Here / Raoul I've Been There(オペラ座の屋上) 13. All I Ask Of You(オール・アイ・アスク・オブ・ユー) 14. All I Ask Of You (reprise)(オール・アイ・アスク・オブ・ユー) ディスク:2 1. Entra'acte(アントラクト) 2. Masquerade / Why So Silent(マスカレード) 3. Notes / Twisted Every Way(支配人のオフィス) 4. Wishing You Were Somehow Here Again(墓場にて) 5. Wondering Child / Bravo, Monsieur(ドン・ファンの勝利) 6. The Point Of No Return(ザ・ポイント・オブ・ノーリターン) 7. Down Once More / Track Down This Murderer(地下の迷路/怪人の隠れ家)

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイオペラ座の怪人ブロードウェイミュージカル『オペラ座の怪人』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia