サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)は、1938年のオーストリア。ナチの勢力が世間への支配を強めていく時期。退役軍人のトラップ大佐邸に、家庭教師として派遣されたマリア。マリアは、軍人さながらに厳しく育てられた大佐の子供たちに、愛情と生きることの喜びを教える。マリアと接するうちに、次第に子供たちもその閉ざされた心を開いていく。やがて、マリアと大佐は恋に落ちて結婚する。一家は、祖国への忠誠を貫き、山を越えて、スイスへと亡命する。

サウンド・オブ・ミュージックの詳細

作曲:リチャード・ロジャーズ 作詞:オスカー・ハマースタイン2世 初演:1959年

ブロードウェイミュージカル代表作品

ミュージカルの本場ブロードウェイ』で上演された数々のヒットミュージカル
ミュージカルを語る上で欠かすことの出来ないブロードウェイの代表的な作品を紹介します。

ブロードウェイミュージカルが出来るまで・・・

ブロードウェイ・ミュージカルの場合、まずトライアウトと呼ばれる地方公演で観客の反応を見ながら作品の手直しを行い修正していきます。時には演出や曲などの大幅な変更もあり、スタッフやキャストなどの入替えを行われています。ヒットしそうな作品に仕上がる時点で、ブロードウェイでの上演を行います。これとは別に、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる小規模な劇場で実験的に上演し、好評であれば次第に大きな劇場に移るやり方もあります。

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Clip to Evernote
トップミュージカルブロードウェイサウンド・オブ・ミュージックブロードウェイミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』 | 練馬区のミュージカル団体 castalia